鍼灸経絡治療詳細

経絡治療と呼ばれる、気の流れと経穴(いわゆるツボ)を利用した、東洋医学的な鍼灸コースです。

髪の毛よりも細い鍼や、お灸も昔ながらのもぐさをひねり、線香で火をつけツボを熱刺激していきます。
お灸はやけどにならないよう専用シートを使って施灸します。

経絡治療は肩こりなどの一般的な症状に加え、
症状への見立てを東洋医学的に行い、気血の流れを整えることで、根本的改善=体質改善を目指していく施術です。
すでに現れている症状への対応はもちろん、東洋医学で最も大切とされる、病気の前段階=「未病」の段階で心身をリフレッシュさせることができます。

東洋医学では内臓に感情が入っている、とされており、経絡を利用することで内臓が整うこととなります。
現代医学的に言えば、内臓のバランスが整う=動きが正常になる=自律神経の乱れが整うという、良いことづくめの鍼灸術です。

「なんか最近調子悪いなぁ…」
「下痢と便秘を繰り返していて、すっきりしない」
などなど、日常のちょっとした不安や、いつも感じる「なんとなく…」などこれらが未病であり、大きな病気への前触れかもしれません。
そんな状態では毎日がなんとなく面白くないことでしょう。
こういう状態を改善して、もっと楽しく元気に暮らしていただくことも、東洋医学の得意分野です。

大きな不調を感じる前に、楽陽堂鍼灸院をご利用ください。