舌炎・口内炎にも効きます

ブログ

口内炎実例

今回は舌炎・口内炎への鍼灸治療の著効な改善例です。

患者は私の次男なのですが、仕事で夜勤もあるせいなのか、食べ物のせいなのか年中舌炎や口内炎を起こしていて苦しんでいます。

あまりに痛みが強くなると私に「頼むから施術して…」と泣きマークと共にLINEをしてきます。

まさしく(´;ω;`)な感じなのですが、今回は写真を撮って症例報告をすることを条件に施術してみました。

★他人の舌の拡大写真は見慣れないとちょっとグロいので苦手な方はご遠慮ください。

施術前

こちらが施術直前の次男の舌炎です…。

いや~~~、痛そうですね!!
こんなになってたら食事どころか水を飲んでも痛いです。(>_<)

私も噛んでしまったところに口内炎ができるので苦しみがわかるのですが、痛みを共感しつついつも通りに施術してみました。

施術翌日

頭部の余分な熱を飛ばし、体内の熱バランスを整える施術行って翌日がこちらです。

どうでしょうか?
ハッキリと舌炎の部分がかなり小さくなっているのがお分かりいただけるかと思います。

これは顕著に素早く改善された例ですが、体質やお体の状態によってはここまですぐ結果でないこともあります。

舌炎はなぜ起こる?

舌炎・口内炎はストレスなどにより五臓や体の寒熱のバランスが大きく崩れた時に出る症状であることが多いので、それを整えることで通常では考えられないペースで改善する方が多々いらっしゃいます。

今回の彼の場合、二日連続夜勤に伴う疲労及び飲食不摂生に起因する上半身、特に頭部の熱でした。

薬いらずの鍼灸施術。
こんな症状でもあなたのお役に立てるので、ぜひ一度受けてみませんか?