ダイエット、その前に

ブログ

コロナのせいで

結構多くの患者さんからコロナの影響で運動不足になってしまい、体重が増えている方の多くが「ダイエットしなきゃ」と言います。

具体的に何をするのか?と聞くとだいたいの方から
・ジョギング
・ジムで筋トレ

との答えが返ってきます。。

が、ここでいきなり始める前に、一旦考えましょう。
運動不足とは、体が動くことを忘れてしまっている状態と言えます。

けが防止に

『体が動くことを忘れている』ということは、ここでいきなりきつめの運動をするのは、準備運動も一切なしにいきなり試合に臨むのと同じ=

怪我をしやすい状態

なのです。

現にいきなりジョギングを始めた方の多くは腰、股関節、膝、足首のどこかに痛みを覚えてしまうことが多いです。

そこでオススメなのがウォーキングです。
体が動くことを思い出した状態にしておかいないと、走ったり体を動かすこと全般にどこかで無理が生じます。

ですので、まずは筋トレやジョギングの下準備のために歩くこと

初期運動の目安


運動を続けるための予備運動の目安として最初は15分、なるべく止まらず(ここ重要!!)早歩きをしてみましょう
これだって慣れないうちは翌日に疲れが残ったり、足がしんどくなると思います。
15分のウォーキングが楽にできるようになったら次は20分など伸ばしていきます。

1か月ウォーキングが続けられたら、徐々に筋トレやジョギングを入れていくと、けがをしないで運動量を増やしてもいいでしょう。

大切なのはくじけずにできるだけ毎日続けられる運動量にすること

生活に取り入れるのが一番なので、1駅前から歩くとかがいいのではないでしょうか。
運動が習慣になれば、景色がいつもより輝いてて見えるかもしれませんよ?