腰痛はなぜ起こる?鍼灸師からみた腰痛の原因と改善策を大公開!

ブログ

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

葛飾区にある、JR亀有駅南口徒歩5分、【東洋医学専門】楽陽堂鍼灸院の院長山口です。

今回は腰痛について、鍼灸師からの所見と改善策をお伝えしていこうと思います。

実際に鍼灸院や(無資格の)リラクゼーションなども含めた、健康施設にいらっしゃる方が訴える症状のベスト3に入るのが、この腰痛です。

それだけに腰痛治療は、治療家の腕の見せ所でもあります。

それでは楽陽堂では腰痛について、どう考えていて、なにが原因でどう改善しているのか、をお伝えしていこうと思います。

最後まで読むと、笑顔の毎日を送るヒントが得られますから、どうそ、お付き合いください。

結論:腰痛は治る症状であり、再発しないようにできる

結論から言えば楽陽堂鍼灸院では、腰痛は治る症状であり、再発防止がしやすい症状である、と考えています。

実際に、キチンと通って養生法を実践している患者様には

「痛みを気にしなくなったから、生活するのが楽しくなった」

と、おっしゃる方もいて、腰痛患者様アンケートでは、92%の方が【改善を感じる】と答えています。

あなたの腰痛はストレッチをしたり、お風呂に入ったり、カイロを当てたり、少し運動して体が温まると、一時的に楽になりませんか?

だったらその原因は、腎の虚(きょ=弱り)である、と捉えるのが楽陽堂鍼灸院の考える腰痛の本当の原因です。

腰は腎が担当する肉体部位であり、肉月に要と書くように、人体の要です。

同様に、腎は五臓六腑の要で人体、特に下半身を支える力を持つ臓なので、腎が弱ると体の要である腰や下半身が弱くなり、かといって使わないわけにもいかず、余計に腎の虚が進む ⇒ 柔軟性がなくなることで痛むのです。

腎は体温調整も行っているので、腎が虚すと体が冷え、筋肉が冷えて硬くなるので余計に腰が痛くなる

だから腎の弱りが原因で腰痛が発生している、と言えるのです。

ここまでで挙げた論理で考えれば、マッサージや電気治療などでは、一時的に腰の血流がよくなるだけだから再発するのは当たり前ですよね。

ところで、消炎鎮痛剤で体を冷やす成分たっぷりのシップ、使ってませんか?

痛みは取れても冷えは症状を悪化させますから、シップはその場しのぎで、腰痛を長引かせることがお分かりになると思います。

何十年もシップを使用しているのに全然症状が良くならないのは、腎が弱ったことで冷えて血の巡りが悪くなっていることが原因だから、自分で腰痛を長引かせているのです。

さて、それでは腰痛を西洋医学的に、東洋医学的にそれぞれ見ていき、改善方法を探っていきましょう。

西洋医学的腰痛の原因って?

西洋医学で考えたとき、そもそも腰痛は何が原因なのでしょうか?

姿勢?座り方?疲労?などなど、そのどれもが正解の様で不正解な気がしますよね。

実は…

8割は原因不明

なのだそうです。

少なくとも骨の変形、神経への締め付け、使い過ぎなどの体の問題は20%程度で、残りのほとんどは精神的な問題、と言っているお医者さんもいるくらいです。けんこう名探偵より)

言いかえれば精神的とは、ストレス性と言えます。

ストレス社会と呼ばれる現代において、腰痛は必然の病気なんですね。

ほとんどが原因不明治療法がない

と、いうことは症状を抑えるor悪化が激しいなら取り除く

「悲しいけど、これが現代西洋医学の腰痛の治療法なのよね。」(スレッガー中尉風)

東洋医学的腰痛の原因は?

それでは東洋医学から見たら、腰痛って何が原因なのでしょう。

東洋医学では、五臓六腑のバランスが崩れると病気になるという大前提があります。

「五臓六腑に染み渡る~~!!」の、あの五臓六腑で、現代風に言えば内臓のことですね。

そして、動きがない、もしくは動きすぎるところが痛む、となっています。

腰が痛いのは結果であって、なにかしら五臓六腑のバランスが崩れる ⇒ 何かの動きが滞る ⇒ 腰痛として発症している、と考えます。

じゃあ、「なにがそうさせてるのよ?」ってことになりますが、これがとても複雑…。

とはいえ傾向はあるので、慢性腰痛の患者さんによくある大きな二つの原因の説明、解消法を書いていきたいと思います。

腰痛の原因は【腎の虚】が絡んでいる

東洋医学で考えるなら、腰痛は間違いなく、腰部と下半身を担当する【腎】の虚(きょ=弱り)が絡んでいます

腎は五蔵の一番下に位置して、船で言う錨(いかり)の役目をしています。そして、水や適度な硬さ、納気(吸気して、納める力)、全身のエネルギーを蓄えるなどを行います。

これらの力は腎の陰の力で、腎には陽の力として体温調整や現代で言う免疫などの役目もあります。

腎の陰の力を腰限定にするなら、適度な硬さで上半身を支え、どっしりすることで下半身が自由に動くときのバランサーになっている、と考えてもらえればいいでしょう。

腎の陰が減ってしまうと、司っている水が減りますから、適度な硬さが保てない=硬くなりすぎます。

硬くなる=柔軟性がなくなるので、無理に動かそうとすると伸びない分の距離を稼ぐのに筋肉に余分な負荷がかかる=痛みになります。

これが極度に強く一瞬で起こったものが、ギックリ腰。

普段の腰痛は、不通即痛(ふつうそくつう)という、通じないと痛むよという概念から、腰あたりが固くなる=気も血も通わなくなるから痛む、ということになります。

腰痛をお持ちの方の多くが股関節や、腰そのものが硬いのは、こんな腎の陰の不足が理由だからです。

腎の陽虚による冷えも腰痛の原因の一つ

続いて冷えです。

先ほどの章でお伝えした通り、腎の陽は体温調整をしてくれています。

腎の陽がなにかしらの要因で減ってしまうことで、体温が下がるとどうなるでしょうか?

体温が下がる=筋肉が硬くなるんですね。

冷蔵庫に入っているお肉と、常温に出してあるお肉。どちらが柔らかいですか?って、言うまでもありませんね。

腎の陽気は、免疫も行っており、血と一緒に巡ることで身体を温め、修復にも役立ちます。

ということは、体が冷えると痛みの改善も遅くなるんです。

湿布を貼ることをおすすめしない理由はこんなところにもあります。

もちろん、腰のすぐ前にある消化器系を冷やすのも、腎の陽気を減らす原因です。

ですから、冷飲食をしないこともとても大切で、もう一つ忘れて欲しくないのが、糖分・小麦粉製品をなるべく控えること。

糖分・小麦粉は水分を増やすことで体を緩め、余計な水分は下へと向かい冷えを呼び込みます。

お腹が冷えると腰が冷える。

ピッタリくっついているのですから、当然のことですが、イマイチ忘れられているのが現状です。

普段からできる腰痛改善法は?

それでは慢性腰痛の改善法をお伝えしていきます。

もの凄く当たり前なのですが、まずは

体を動かしましょう!
体を温めましょう!

「なんだよ、そんなこと?わかってるよ!」
って声が聞こえてきそうですが、実際これを習慣化するだけで、半分以上の方は慢性腰痛を改善できます

あともう一つ、重要で簡単な改善方法があるのですが、コチラは施術を受けた方に教えます

体を動かす基準

では実際に、なにをどのくらい?どうやって?を少し書いていきます。

なにをして体を動かすかですが、具体的には筋トレをお勧めします。

最初は筋トレをしてもケガをしない体にしたいので、ストレッチメニューを10分程度や早歩きを15分以上して、体を温めてから筋トレをやっていきましょう。

どのくらいの数量をやるか?については、個人差があるので強度などは一律で出せません

そこで私がおススメする筋トレの基準は

翌日に軽い筋肉痛がでる程度

が良いと思います。

逆に、筋肉痛が出ない程度の強度では、筋トレになりません

言ってしまえば、筋トレの目的は筋肉量を増やすことが目的ですから、筋肉痛がでない筋トレでは筋肉量は増えないからからです。超回復といいます)

筋肉痛とはいかなくとも、筋トレした部分がダルくなるくらいはしておきましょう。

筋量が増えれば、必然的に血流の力や量が増えますし、だからこその筋トレです。

血流の力と量が増えれば、体を温める力も増すことになります。

そして、化学物質の入っていないプロテインや食事をとることで、体がしっかりしたものになっていきます。これが腎の陰が満たされていく状態。

しっかりしてくると、徐々に体が寒さに強くなってくるのを感じるでしょう。これが腎の陽が満たされていく状態です。

こんなことから原因のところで挙げた、腎の陰と陽を両方改善するのに、筋トレは必要なのです。

毎日続けるためには、今日は腹筋と背筋、今日は下半身、今日は腕、今日は足…、などと一週間単位でルーティンを組むといいですよ。

週に一度くらいは筋トレをお休みして、オーバーワークにならないようにする、というのも計画に入れておくのも一手です♪

大切なのは、毎日体のどこかしらを動かす習慣を作ることです。

まとめ

いかがでしたか?

いつまでもなかなか腰痛が治らないのは、腎の虚に由来するからだ、と理解していただけたと思います。

そして、自力でよくしていこうと思ったら、筋トレと食事が必要だともわかっていただけんじゃないでしょうか?

とはいえ、筋トレしたいけど、腰痛があるからできない!って方も多いと思います。

でも、筋トレして筋肉量を増やすには、まずは体を温めて、腎の虚を回復させなくてはなりません。

しかも、自分でやるのは時間がかかるし、やってることの判断が正しいのかわからないから、続くない…。

だったらまずはその腰痛、私に改善させてください!

まずは痛みを軽減させて、動ける体にしていきましょう。軽減したら、腰の痛みがでない筋トレから始めましょう。

あなたに合った養生法もお伝えしますので、

私と二人三脚で痛みのない、
笑顔の毎日を取り戻しましょう♪

楽陽堂鍼灸院はエレベーター付き住居マンション6階にある、完全予約制・個室のプライベート鍼灸院ですから、お悩み解決までしっかりと通院できます。

楽陽堂鍼灸院はあなたが楽しく陽(あか)るい笑顔の毎日を送るための

ライフメディカルパートナーです♪

ご予約や症状のお問い合わせは楽陽堂鍼灸院予約ページから、お気軽にどうぞ!

≪執筆者プロフィール≫

山口 三紀夫(ヤマグチ ミキオ)
東洋医学専門鍼灸院「楽陽堂鍼灸院」院長

「鍼灸界の東大」と呼ばれる『東洋鍼灸専門学校』を卒業後、鍉鍼術や経絡治療鍼灸術の先生に教えを受けながら経験を積み、2021年に独立のため葛飾区亀有で「楽陽堂鍼灸院」を開業
子育て支援を目的に鍼灸師が集まって活動する東京スキンタッチ会で講師も務める

≪所有資格≫
・はり師 厚労 179580号
・きゅう師 厚労 179342号
・あん摩マッサージ指圧師 厚労 144191号
・TST(Takahiro Style Technique)鍉鍼術マスター
・機能訓練指導員

ブログ
シェアする
楽陽堂鍼灸院